セブ島に語学留学、スリに注意

今の子どもたちは、小学校5年生から英語が授業に組み込まれています。
歌やゲームで楽しく英語に親しもうとしています。
学校に外国人の先生が来たりして、生で本場の発音を聞いたり羨ましいですよね。
私の時代は、中学1年になって初めて“This is a pen”から勉強しましたよ。
ガチガチの日本人の先生が、へたくそな発音で教えてくれたものです。(笑)
そして文法ばかりで、外国で使えるような英会話なんて一切なかった記憶があります。
そんな人たち(私も含め)があこがれるのが、海外留学です。
いつか、1度は行ってみたいと思っている外国。
そこで英語の勉強ができたら、どんなにいいでしょう?
どうせ行くなら、景色が良くて遊べるところだったら最高だと思いませんか?
今、年々増える傾向にあるのが、フィリピンのセブ島なんだそうです。
セブ島は、無数の美しい島からなり、この解放感はたまらないそうです。
そんな自然の中で、本場の英語を勉強できたら最高ですね。
またセブ島は、アメリカやヨーロッパに比べると費用が安いことが魅力です。
ただスリが多いので、アクセサリーは付けず服装も質素にして、財布や携帯はインナーポケットに入れた方が安全です。