税理士と顧問契約した方がいいのか

近年、起業をする人が多いですが会社を経営するとなると税金の支払いなど自分ではわからない事も多いと思います。
会社を経営していても税理士と顧問契約を結んでいない人もいるようですが、会社を経営するなら税理士と顧問契約を結んだ方がいいとセミナーや書籍でも推奨しています。
でも税理士を探すのも面倒だし、顧問契約を結ぶとなると費用もかかるので税理士を付けなくても済むならそのままでもいいと考える人は多いでしょう。
税理士とのやり取りの手間もかかるし、自らが会計や税務を処理すればリアルタイムで数字の動きを把握することができます。
でも独学での決算や申告では正確性に疑問があり、そこを税務調査で指摘された場合には
きちんと交渉できますか?
それに会社を経営する場合には経営に集中することが理想なので、会計や税務のことは全専門家である税理士に任せた方がいいのです。

セミナーは書籍などで推奨されている通りに会社を経営するなら税理士は欠かせないのです。
税理士を選ぶ際には、説明がわかりやすい、レスポンスが早い、業界を理解しているなど様々なポイントがあります。